コーヒーの自家焙煎をやってみました

コーヒー 自家焙煎 おうちごはん
スポンサーリンク

憧れだったコーヒーの焙煎に挑戦してみました。

本格的な焙煎器は結構なお値段。

DIYでザルを組み合わせるモノもネットで見つけましたが、今回はお手軽に楽しもうということで、生豆とゴマ炒り器のセット商品をネットで購入しました。

スポンサーリンク

生豆とゴマ炒り器。

コーヒー 自家焙煎

本来ならゴマを炒るための鍋ですが、コーヒーも焙煎することができます。

コーヒー 自家焙煎

全長:270mm
重さ:106g
煎り部直径:122mm
フタ形状:アミ

直径12cmと小さめですが、どうせ2杯分くらいしか焙煎しないから問題なし。

コーヒー 自家焙煎

セットについていた豆は5種類。どれから飲もうかなー♪

コーヒー 自家焙煎

モカシダモ

今回はモカシダモを焙煎してみることにしました。

コーヒー 自家焙煎

生豆30gを入れて、火から10cmくらい離したところで、シャカシャカ振り続けます。

5分ほどでパチパチとポップコーンを作っているときのような、爆ぜる音がしてきます。(1ハゼ)

そのまま振り続けると音が止み、ピチピチというような音に変わります。(2ハゼ)

1ハゼのときに焙煎を切り上げると「酸味>苦味」の軽めのローストに、
2ハゼから「酸味<苦味」の重めのローストになるそうです。

初めてでよくわからないので、とにかくシャカシャカ振り続けました。

休みなく振るので、手が疲れます。

15分ほどシャカシャカ後

お部屋の中には、コーヒーのいい香りが広がります。

とりあえず15分ほど焙煎した写真がコレ↓。

コーヒー 自家焙煎

思った以上にムラがあります。

火から下ろした後は、余熱で焙煎が進まないように一気に冷まします。

豆はアツアツ。火傷しないように気をつけながら大きめのザルに移して、うちわで仰ぎながら、ひたすらザルを振る。

コーヒー焙煎、思ったよりもしんどいぞ。

豆が冷えたら、早速飲んでみましょう。

この日のために購入した手動のコーヒーミル。

コーヒー 自家焙煎

思ったよりも力入れずに、ゴリゴリ豆を挽くことができます。

細かめに挽いてみました。

コーヒー 自家焙煎

 

 

すっきりとした味わい。

手間をかけた分だけ、美味しく感じられます。

まとめ

初めてだったので大変でしたが、慣れればすごく簡単に焙煎ができる気がします。

焙煎後すぐに飲むよりも、数日置いて飲む方がガスが抜け、美味しくなるという意見もあるようです。

シャカシャカ振っている時に、コーヒー豆の薄皮が舞い、掃除が大変なので次回はキャンプで試そうと思いました。

作業中はコーヒーの香りでお部屋が満たされ、幸せな瞬間でした。

楽しみながら、好みの焙煎を探っていこうと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました