春のアスパラガスは生でもいけるほど甘くて美味しい

アスパラガスおうちごはん

周ちゃん広場でアスパラガスを買いました。

春先から秋まで収穫されるアスパラガス。

中でも4月上旬ころまでのアスパラガスは「若芽」と呼ばれ、柔らかくてとても美味しいんだとか!

スポンサーリンク

緑のささやき

緑のささやきはアスパラガスの品種のひとつで、愛媛県の西条市で栽培されています。

アスパラガス

生で食べてみる

新鮮なアスパラガスは生で食べることができます。

アスパラ農家の方は、アスパラの根元をジューサーにかけて飲んでいて、とても甘くて美味しいんだとか。

試しに生でかじってみましたが、驚くほどに柔らかくて甘いです。

アスパラガスは繊維質なイメージがあって苦手でしたが、太めのものでもシャキッと噛み切れてアスパラガスの概念が変わりました。

これは初めて食べる美味しさ!

バーニャカウダにして食べたい!

鮮度が落ちると甘みなどが抜けていくので、加熱した方が美味しいです。

食べ方①シンプルにソテー

旬の野菜はシンプルに食べるのが1番美味しい!

アスパラガス

フライパンにオリーブオイルを熱し、ガーリックチップを作ってから適当な大きさに切ったアスパラガスをさっと炒めます。

塩胡椒で味を整え、仕上げにバターを溶かすと、ワインにぴったりな一品が出来上がりました。

食べ方②アスパラのチーズ焼き

アスパラガス

マカロニサラダを乗せて、チーズをかけてトースターで焼いてみました。

こちらも簡単な割に、お箸が止まりません。

食べる直前に胡椒を振っても良し。

まとめ

筋張って食べづらいイメージがガラッと変わりました。

アスパラガス、ハマりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました