骨付鳥 鳥源@香川県 高松市

焼鳥

香川が誇る夜のご当地グルメと言えば「骨付鳥」でしょう!

「骨がついたままの鳥を焼く」というクリスマスに食べたくなるような一品ですが、これが不思議とお酒に合う!ごはんにも合う!

地元のナイスミドルが集う、骨付鳥の美味しいお店に行ってきました。

スポンサーリンク

骨付鳥 鳥源

市街地からは少し離れた、玉藻公園の近くにあります。

19時頃に伺いましたが、先客が2組。

テーブル席では地元の方と思しきナイスミドルが、赤ら顔で盛り上がっています。

個人的に、こういうお店は大好きです。

奥のお座敷に案内してくれました。

メニューは壁に提示されていますが、値段が書かれてません。

一般的に「子供やお年寄りには若鶏、旨味を求めるなら親鶏」と言われていますので、もちろん両方食べ比べてみたいと思います。

ビールと おでん で鳥を待つ。

ビールを注文すると「大」か「小」かサイズを聞かれます。
中でいいんだけどな……と思っていたら、「生ビール小は普通の店の生中です」と教えてくれました。
「生大」はどんなサイズなのか、気になりましたがおとなしく「生小」を注文。
ビールと共に運ばれてきたのは、お通しのおでん。
ちょうどおでんも食べたかったので、得した気分です!
味がしみしみで、すごく美味しい。
実はおでんはあまり好きではないのですが、ここのおでんならご飯のおかずでも全然いけます。
おでんにかかっている、薄いカラシ味噌みたいなのもおいしいです。

骨付鶏の若

待ってました!骨付鳥の若。

カットされているせいもあって、とても柔らかく、食べやすいです。
口に運ぶと、ガツンとくるニンニク!すごい!
皮はパリパリ、身は肉汁でジューシー!
塩っぱいけどスパイス感は控えめで、ニンニクと塩と黒胡椒の味。
前日に訪問した寄鳥味鳥より、丸源の方が個人的に好きです。

骨付鳥の親

骨付鳥の親。見るからに、お肉が締まっています。

若鶏に比べると骨から外すのも大変。
噛みごたえがあって、食べるのは少し大変ですが、噛めば噛むほど鶏の旨味がじわじわ出てきて、鶏への感謝の気持ちでいっぱいになります。
一人でまるまる食べたら顎が相当疲れますが、歯が丈夫ならぜひ親鶏も食べてみてほしい!
皮はパリッと焼かれていて、若干ケンタッキーのチキンを彷彿とさせますが、ニンニクのパンチは比ではありません。
付け合わせのキャベツが、オアシス。
とにかくビールが進みます。

まとめ

一口に「骨付鳥」と言っても、お店によってスパイスの調合が違うようで、食べ比べてみるのも面白いと思いました。

私はシンプルな味付けが好きなので、丸源さんは一押し!

ぜひ若鶏と親鶏の違いを味わってほしいです。

市街地からは少し離れていますが、散歩がてら寄る価値はあると思います。

ちなみにお会計は骨付鳥の若と親・ビール4杯にお通しで約5000円。

ごちそうさまでした!

店舗詳細

骨付鳥 鳥源

0878512357

〒760-0031 香川県高松市北浜町11−25

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました