スープカレーの名付け親「マジックスパイス」のレトルトカレー

カレー
ゆるスパ

スープカレーを食べたことがありません。

カレー好きを名乗るからには、一度は食べてみたいと思っていたスープカレー。

北海道に行った時に「スープカレー」の名付け親「マジックスパイス」のレトルト商品を見つけたので、ウキウキしながら購入しました。

ご当地カレーの定番ジャンルとして定着したスープカレー。

ゆるスパ
ゆるスパ

マジックスパイス

なんだかとってもハッピーなジャケット。

マジックスパイスというお店は、札幌スープカレーを牽引する存在のお店らしいです。

写真からはあまりカレー感は感じません。

1食(307g)あたり、172kcal!

カレーにしてはヘルシーなんじゃないでしょうか?

パッケージの裏面に気になる表記が

からさのレベルが7段階に分かれているようです。

瞑想?涅槃?気になる!!

中身

箱を開けると、レトルトパウチの他に特製スパイスミックスと特製ペーストが入っています。

電子レンジでの調理はNGなので、湯煎で5分温めます。

辛さレベル:覚醒

レトルトパウチを開けると、ぱっと見はポトフ。

一口飲んでみると、カレー風味のあっさりポトフ。

辛さレベル:瞑想

付属の特製ペーストを投入し、辛さレベル「瞑想」へ。

一見すると、豆板醤のようなペーストを混ぜて一口。

酸味が加わって、カレー風味のポトフから、カレー風味のミネストローネになりました。

最後に特製スパイスミックスを加えると、赤くなって美味しそうになりました。

赤は食欲をそそります!

ドキドキしながらスープを一口。

びっくり!先ほどまでとは段違いで辛いです!

カレー風味のミネストローネが、薄い日本のルーカレーになりました。

スプーンでごはんをすくい、スープカレーに浸して食べます。

具だくさんの野菜に、うずらの卵なんかも入っていて、サラサラ食べられるしなんだかヘルシー気分。

鶏肉は魚肉ソーセージみたいな雰囲気。

特製スパイスは唐辛子系の辛さだったので、辛さレベルは極楽程度で留めておきました。

辛いのが好きな方なら、虚空でもいけると思います。

まとめ

初めてのスープカレー体験でした。

おうちで手軽に食べられることを考えたら、全然アリだと思います。

札幌だけじゃなく、東京、名古屋、大阪に支店があるようなので、いつか店舗でも食べてみたいです。

ごちそうさまでした。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました