山口のご当地グルメ「瓦そば」発祥の店 川棚温泉 元祖 瓦そば たかせ 南本館@山口県下関市

ラーメン

一度は食べてみたい山口県のご当地グルメ、瓦そば。

フグに負けないグルメはないものか……と試行錯誤して出来上がったメニュー。

瓦の上で茶そばを焼き、ざるそばの様につゆにつけて食べるという斬新な料理です。

スポンサーリンク

外観

駐車場にはわかりやすい看板が出ているので、迷うことはありません。

広い駐車場。

広い敷地内には「本館」・「東本館」・「南本館」とあり、定休日が違います。

はるばる瓦そばを食べにきたのに、定休日で食べられない!なんていうことがないので安心ですね。

今回訪問したのは南本館。

平日は15時までの営業です。

メニュー

店舗によってセットメニューの内容が少し違うようです。

観光客と思しき方は瓦そばうな茶セットを、地元の方は瓦そば単品を頼んでいたような印象です。

頼んだら、すぐに出てきます

瓦そばの単品を2人前を注文。1枚の瓦に2人前が乗ってきました。

出てくるのが、びっくりするほど早い!
注文してから5分も待っていないと思います。
なんともインパクトのある見た目。
熱々の瓦の上に茶そば、錦糸卵、豚肉、海苔、輪切りレモン、紅葉おろしと重なっています。
瓦そばが出てきたら、卓上のポットからつゆを注ぎます。
熱々で甘めのつゆ。
山口は九州と同じく、甘い醤油が好まれるようです。
個人的にはもう少し、甘さ控えめの方が好き。
瓦は熱々なので、茶そばに火が通り焼きそばの様になっていきます。
よく焼けてパリッとした茶そば。つゆにつけていただきます。
ひっつかない様に油をまとった茶そば。
焼かれてバリッと歯ごたえがあり、駄菓子のようにジャンクな雰囲気に。
ばりそばもそうだけど、山口県民はそばを焼いて食べるのが好きなのかな?
つゆに薬味を乗せてみました。
レモンをキュッと絞ると甘みが少し薄まって、食べやすくなりました。
あっという間に完食。
レジ前にはお土産用の瓦そばも売ってました。
今度、柚子胡椒とか用意して、家でやってみるのもいいかもれないな。

まとめ

土日は並ぶこともある様です。

あまり味わったことのない感覚で美味しいのですが、これで1人前1188円かぁ。
ジャンクっぽい雰囲気もあり、ちょっと高く感じてしまいます。
とはいえ、他のお店で食べるよりは元祖のお店で食べるのがオススメ!
ご当地グルメとあって、一度は食べてみたかったので満足です。
個人的にはバリそばの方が好き。

店舗詳細

平日 11:00〜15:00

土日 11:00〜20:00

083-772-2680

〒759-6301 山口県下関市豊浦町大字川棚5429

☆本日のお会計

瓦そば 2人前 2376円

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました