大広重展 浮世絵摺り体験

歌川広重 お出かけスポット
スポンサーリンク

大広重展

江戸の4大浮世絵師のひとりとしても有名な歌川広重。

(参考までに他の3人は写楽・歌麿・北斎。)

江戸時代に活躍した広重の代表作「東海道五捨三次」が見られるということで、愛媛美術館へ出かけました。

美術館に大きく飾られたポスターは縦2mくらいはあろうかというサイズの「名所江戸百景 深川洲崎十万坪」。

歌川広重

大きくなってると、さらにダイナミックさが増していい感じ。

展示物は写真NGでしたが、入り口には写真OKな垂れ幕の「四日市 三重川」が。

登場人物になりきって、傘を拾いながら写真を撮っている方もいて、みんな楽しそう。

歌川広重

「東海道五拾三次」は東海道がテーマの浮世絵なので、所々「東海道中膝栗毛」の登場人物らしき人が描かれていたり、当時の宿場の登場人物がユーモアたっぷりと描かれていて、クスッと笑ったのは私だけじゃないはず。

絵を見て笑ってるなんて、マスクしてなかったら怪しい人だったかも笑。

車もなくて、関所を通過するのも大変で気軽に旅行もできなかった時代、広重の浮世絵を見て旅行した気分に浸っていたのかな?なんて思いながら、江戸時代の生活を想像しながら、楽しく観賞できました。

広重は幕末の黒船来航で日本へ入ってきた病気、コレラで亡くなったそうです。
今も昔も、感染症は恐ろしいですね。
スポンサーリンク

浮世絵摺り体験

ワークショップで浮世絵剃りのワークショップを行っていたので、意気揚々と参加。

5つの板木が用意されていて、1枚の紙に色を順番に乗せていきます。

歌川広重

プラスチックとゴムでできた板木に、ローラーでインクを乗せます。

印刷がずれないようにするための目印、左下にある「見当」に紙を合わせ、上から馬連でクルクル。

単純作業ですが、やってみるとこれが意外と面白い!

小学生の頃、版画の授業は好きだったなぁ。

ちなみに浮世絵は原画を描く人(歌川広重)、板木を掘る人、摺る人と分業制で制作されていました。

広重が描いたモノクロの原画は版木に糊で貼り付けられ、版木を掘る時に無くなってしまいます。

原画を描く人ももちろんすごいけど、彫り師もすごい技術者だよなぁ。

今回は5色でしたが、ちょっとずつカスレがあったり個性が出ていて、周りの人と見比べると面白い。

歌川広重

10色摺の本物はココで見られます→歌川広重「六十余州名所図会 伊予西条」

浮世絵刷り体験をした後で本物を見たので、感動もひとしお!

広重が石鎚山を描いていたなんて、知りませんでした。

石鎚山は西日本一高い山です。

いつか登ってみたいなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました