道後温泉改修工事見学2020 へ行ってきました@愛媛県 松山市

道後温泉改修工事 お出かけスポット
スポンサーリンク

愛媛県を代表する観光地、道後温泉。

約3000年の歴史があると言われていますが、2020年現在、大衆浴場として営業しながら改修工事の真っ只中です。

そんな貴重な改修工事中の道後温泉を、見学する機会がありました。

スポンサーリンク

手塚治虫氏の火の鳥

現在の外観はラッピングアートがほどこされており、イメージしている道後温泉とは全く姿が違います。

マンガやアニメのパイオニア、手塚治虫氏の火の鳥が大きく描かれています。

生と死の象徴とも言われる火の鳥。

7年の改修工事のシンボルには、ぴったりですね。

南棟1階 女湯

まず案内されたのは、通常は女湯として使われているこの場所。

こちらはほぼ工事が終わっている段階でした。タイルもピカピカ。

上記写真の、手前に置かれている人形はお湯の吹き出し口。

元栓は下記のような感じになっていて、ここに上記の人形を置くと本来の姿に。

天井もピカピカで、とても綺麗。

2階 休憩室

次に案内されたのは通常、休憩室として使われている場所。

修復前の壁はこんな↓感じ。

左官職人さんが、軽やかに壁を塗っておりました。

左の方は女性の職人さん。かっこいい!!

最近は女性の職人さんも増えていると聞いたことはありましたが、この方職人歴3年目で、昨年の左官職人のコンテストで優勝された実力者だとか!

硬いはずの漆喰を生クリームのように鮮やかに扱っていて、見ていてとても気持ちよかったです。

続いて案内されたのはこちら。

屋根の改修工事をしています。

 

道後温泉の緑色の屋根だと思っていたものは、実は銅板。

張りたての銅板はキラキラと美しく、発行されたばかりの10円玉のよう。

手が届きそうな距離に広がるキラキラの銅板屋根はとても綺麗で、思わず「うわー!!」と声が出てしまいました。

上を見上げると、鉄筋越しに火の鳥の羽が透けて見えてとても綺麗。

約1時間の見学でしたが、楽しくてあっという間でした。

普段なかなか入れない現場を間近で見学することができて、近いうちに必ず入浴しようと心に決めました。

 

道後温泉は愛媛を代表する観光地だけあって、「道後REBORNプロジェクト」として色々なキャンペーンを展開しています。

道後温泉改修工事中ですが、人数制限をした上で営業しています。

ゆっくり入れる今はチャンスかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました