GoToEatはどのサイトから予約するのがいい?GOTOイートおすすめ予約サイト

雑記
スポンサーリンク

10月から始まったGOTOイートキャンペーン。

スポンサーリンク

GoToEatとは?

感染症の予防対策に取り組んでいる飲食店と、食材を提供している農林漁業者を支援するキャンペーンです。

GoToEatキャンペーンには2種類あります。

  1. プレミアム付き商品券(販売額の25%を国が負担)
  2. 飲食店のオンライン予約で次回以降に利用できるポイントを付与
    ランチ500円、ディナー1000円
    ポイント付与の期間: 2021年1月末まで
    ポイントの利用期限: 2021年3月末まで

1は自治体によって商品券の販売時期は様々。

2のオンライン予約は10月からすでに始まっていますが、サイトによって若干システムが違い,

ややこしいです。

付与されるポイントは、予約するサイトでしか使えないため、一つに絞るのがオススメ!

じゃあどこにすればいいの?と悩んだので

いくつかのサイトをピックアップして、特徴を私なりにまとめてみました。

楽天ポイント利用者なら→ぐるなび

貯まるポイント:ぐるなび期間限定ポイント

サイト独自来店ポイント:ランチ25ポイント/1人、ディナー100ポイント/1人

(通常来店ポイントは楽天ポイントに変更可能)

ポイント付与:来店から9日後

ポイント期限:付与から60日

制約:1日2回、月10回の来店まで(予約ではなく来店ベースでカウント)

サイト独自の来店ポイントは楽天ポイントで貯められますが、GoToEatのポイントはぐるなび期間限定ポイントで付与されます。

いろんなお店に行ってみたい→Hotpapper

貯まるポイント:ホットペッパーグルメポイント

独自来店ポイント:ランチ10ポイント/1人、ディナー50ポイント/1人(Pontaポイント)

ポイント付与:来店の7日後

ポイント有効期限:ポイント加算日の翌々月末

利用回数の制約などはなく、対象店舗がとても多くて、選びきれないくらいです。

外食が多く、いろんなお店に行ってみたいならHotpapperがオススメ!
店舗が多い分、サイト上でお店が探しづらいのが難点。

 

PayPayユーザーなら→Yahooロコ!

貯まるポイント:Go To Eatポイント

制約:同日来店は1日2回、同店舗への同日来店は1日1回まで

初回コース利用で20%還元(要エントリー・11月30日まで)

ポイント付与:来店の7日後にYahooJapanIDに付与

ポイント期限:60日

PayPayユーザーはエントリーすることによって、初回コース利用の場合20%戻ってきます。

席だけ予約の場合でも1000円相当が戻ってくるので、必ずエントリーはしましょう!

獲得したポイントの利用が500pt単位、というところはデメリットでしょうか。

予約金額が利用ポイントを下回る場合は、おつりはでません。

キャンペーン対象店舗は少ない印象ですが、初回コース利用の20%還元はお得なのでPayPayユーザーなら2回くらいは利用してもいいと思います。

あまり外食をしないなら→食べログ

貯まるポイント:期間固定Tポイント

独自来店ポイント:昼20P/1人、夜100P/1人(Tポイント/アプリ以外からの予約は半分)

ポイント付与:来店の翌月10日頃まで

ポイント期限:2021年3月31日まで

食べログはポイントの利用期限が長いので、あまり外食をしない人でも安心です。

ちょっとリッチな気分を味わいたいなら→一休.com.

貯まるポイント:Go To Eatポイント

独自来店ポイント:金額の10%還元(一休ポイントorTポイント/コース予約のみ・10月31日まで)

ポイント付与:翌月10日

ポイント期限:3月31日まで

ラグジュアリー感の味わえるお店の登録が多いので、自分へのご褒美に使うのもいいですね!

まとめ

ポイントは予約するサイトでしか使えないため、一つに絞るのがオススメ!

サイトに載っているお店でも対象外の店舗はあるため、

「GoToEatポイントもらえる・使える」のラベルをチェックし忘れないように!

PayPayユーザーはYahooロコ!、楽天ユーザーはぐるなび、

それ以外なら掲載店舗の多いHotpapperの使い勝手がいいような印象です。

感染症予防対策をしっかりして、美味しい外食を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました