キャンプでぐっすり眠りたい!マットのメリット・デメリット

アウトドア

 

キャンプは基本的に地面の上で寝るので、マットがないと体が痛くて眠れないことも。

疲れを溜めないためにも、安眠はとても大切です。

ぐっすり眠りたいのなら、マットは必需品!

マット選びには断熱性とクッション性が必要です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

銀マット

値段が安くて、入手しやすい。
かさばるわりには寝た感じの感覚が薄い。

エアマット

しっかりした厚みがある。地面の凸凹を感じない。
穴が開くと使えない。

 

クローズドセルマット

断熱力と耐久性に優れている。収納が簡単。
寝心地が少し固め。

インフレーターマット

蓋を緩めれば膨らむので、設置が楽。寝心地も良い。
収納が大変。

ダンボール

クッションになり、断熱性もそこそこ。スーパーなどで無料で入手できることも。
見た目が悪い。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました