いつもの料理が美味しくなる!びっくりするほど簡単な「発酵玉ねぎ」の作り方

発酵玉ねぎ 発酵フード
スポンサーリンク

最近じわじわと話題の「発酵玉ねぎ」。

文字通り発酵させた玉ねぎなのですが、調理の時短につながる優れもの!

  • 刻んであるので、すぐに使えてとっても便利
  • 玉ねぎ特有の辛味が消え、まろやかな酸味でさっぱりと食べられる
  • 少ない調味料でも味に深みが出る

と良いことづくめです。

スポンサーリンク

材料はたったの3つ!

作り易い分量はこちら↓

  1. 玉ねぎ(中):2球
  2. 塩:(玉ねぎの重さに対して3%)
  3. 水:カップ1(と書いてるけど玉ねぎが浸るくらいの適量)
    これだけです。

玉ねぎは新玉ねぎでもOK!今回は新玉ねぎで作ります。

作り方も驚くほど簡単!

  1. まずは玉ねぎをみじん切りにします。フードプロセッサーで手早く済ませてもOK!
    用途によって、スライスでもかまいません。
  2. カットした玉ねぎを、ジップロックへ入れましょう。680グラムと結構なウエイト。
  3. 玉ねぎに対して、3%の塩を入れます。
    1グラムオーバー。まぁいっか!ドバッと塩を入れて、全体になじむよう袋を振ります。
  4. 玉ねぎが浸るくらいの水を入れて、空気を抜いて閉じましょう。
  5. あとは陽の当たらない涼しい場所(必ず常温)に放置!
    時間が玉ねぎを美味しくしてくれます。
    夏場なら1〜3日、寒い時期なら6日程度放置すると、発酵玉ねぎの完成!

発酵が進むと汁が白く濁り、発酵が進むにつれ黄色味を増してきます。

少し食べてみて、酸味を感じたらOK!

清潔な容器に移し、冷蔵庫で2週間ほどで使い切ってください。

冷蔵保存の場合は、玉ねぎが汁に浸かった状態をキープしてください。

生でサラダやお豆腐などに乗せて焼く身代わりにしてもよし、加熱しても旨味が増して美味しいです。

これからの暑い季節、発酵パワーを味方にして元気に乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました